岡部将和の経歴は?兄は?カモシカ理論とは?原口元気を指導?

Pocket

皆さんこんばんは!

今回は普段とはちょっと趣旨を変えて、サッカー界隈の有名人を紹介します!

その人は「ドリブルデザイナー岡部将和さん」です!

気になる経歴からご紹介!

岡部将和さんプロフィール

名前:岡部将和(おかべ まさかず)

生年月日:1983年8月1日

年齢:34歳

身長:169cm

出身:神奈川県横浜市

大学:桐蔭横浜大学

兄弟:ペぺ岡部(お笑い芸人)

スポンサードリンク

元フットサルの選手で現在はドリブルを指導している岡部さん。

ドリブルの実力から本田圭佑選手やロナウジーニョ選手も絶賛しているとのこと!

岡部氏は過去にフットサルのバルドラール浦安や湘南ベルマーレなどでプレーした元Fリーガー。

引退後からフットサルの普及に努め、現在はドリブル専門の指導者として全国各地で活動している。

フットサルの経歴
PREDATOR URAYASU FC SEGUNDO 千葉県大会優勝

Fリーグ所属「バルドラール浦安」 Fリーグ初年度2位
全日本フットサル選手権2008年度 全国優勝

スペイン2部リーグ「Laguna Playas de Salou」

Fリーグ所属「湘南ベルマーレ」 全日本フットサル選手権2010 全国準優勝

海外のスーパースターたちやプロたちがするするっと相手をドリブルで抜いていくのは圧巻ですよね!

そういった姿をただ凄いと思うだけでなく、理論的に理解して自分でもできるようにしようという意味では非常に岡部さんの説明は参考になります!

実際に岡部さんの曾祖父が将棋の先生で理詰めで手を考えるのが癖になっているそうです。

岡部さんはドリブルで相手を抜く理論として次の3点を挙げています!

1点目 間合い

相手が足を延ばしたときに絶対に足が届かない位置に自分のボールをキープする。

⇒相手の間合いを常に考えて自分のボールに触れられない位置を考えながらドリブルすること。絶対に取られない間合いを知ることでドリブルで絶対に抜けるという考え方。

2点目 体重移動

左右だけでなく全方向で考えて相手の体重移動を誘う。

⇒世界を相手にするときにやはり日本人よりも体格が大きい選手が多いので、同じ方向にディフェンスが来てしまうとどうしても弱い。そこで、相手の体重移動とは違う方向に立体で見てボールを運ぶ方法。

3点目 誘い

ドリブルはリアクションドリブルとアクションドリブルに分かれる。

リアクションドリブルは相手の動きに合わせてドリブルを仕掛けることで、アクションドリブルは相手の動きを誘発するドリブルのこと。

海外の選手はよくアクションドリブルが得意で、自分優位でドリブルを展開できます。

ネイマール選手やロナウド選手なんてそうですよね!

スポンサードリンク

兄はあのお笑い芸人?

兄弟はお笑い芸人のぺぺ岡部さんなんですね!

右の方がペぺ岡部さんです。

確かに似てるなって思ってました(w)

DJっぽいリズムネタで有名なコンビですね!

個人的にかなり好きな芸風なので兄弟ということに結構驚きを覚えています(w)

同じコンビの相方はGO!皆川さんです!

うんちょこちょこちょこぴーっていうネタが有名です!

ネタの終盤に体を横に倒して上記のセリフを言うという何ともシュールなネタですが、なぜか癖になるんですよね(w)

しかし、現在は解散してペぺ岡部さんは「かたつむり」というお笑いトリオで活動しています!

カモシカ理論ってなに?

まずは概要をどうぞ!

ドリブルでどこにいくかDFが分かっていても絶対抜ける位置までボールを持っていく事をドリブルでのゴールと考えその絶対にDFを抜ける位置から1対1の間合いに入った瞬間まで逆算し『1対1の間合いに入った瞬間』=『判断を間違わなければ99%抜ける位置』 にしたドリブル理論

まずは、由来としてはカモシカのように弱くてもライオンのように強い相手に勝てる(=ドリブルで抜ける)という意味のようです。

具体的には

相手の重心に合わせてドリブルの方向を定めて、ディフェンス側がドリブル側の抜けてくる方向がわかっていても反応できないドリブルの事だと筆者は思いました。

相手が重心を左に置いた時にそちらを攻め、右に置いた時に右側を攻める

口で言うのは簡単ですが、瞬間で判断するのは練習が必要そうですよね!

詳しくは岡部さんのホームページをチェックしてみくださいね!

原口選手を指導?

動画でも上がっていますが岡部さんが原口選手を指導している動画もあります。

この間、ドリブルデザイナーの岡部さんにドリブルについていろいろ教えてもらいました。

勉強になったし、面白かった。

まだまだ上手くなれそうです。

現日本代表を指導してさらに、本人がまだまだうまくなれそうというコメントを残すなんて岡部さんの指導は本当に優秀なんですね!

原口は岡部氏のドリブルテクニックに舌を巻きつつも、その1対1の極意を積極的に吸収しようとする様子が動画に収められていた。

岡部さんのドリブルテクニックは非常に勉強になりますので、youtubeなどで参考にしてみくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.