酒井宏樹の嫁の画像は?彩?年俸は?マルセイユではどうなの?

Pocket

皆さんこんばんは!

今回は日本代表であり、フランスのマルセイユに所属している酒井宏樹選手について紹介します!

先日紹介した酒井高徳選手に続き、同じ日本代表のサイドバックの酒井選手に迫ります!

酒井宏樹プロフィール

生年月日: 1990年4月12日 (27歳)
生まれ: 千葉県 柏市
身長: 185 cm
体重: 70 kg
所属チーム: サッカー日本代表 (ディフェンダー)、 オリンピック・マルセイユ (#2 / ディフェンダー)

スポンサードリンク

フランスへ移籍当時は果敢なオーバーラップこそ評価されていましたが、中々守備に難があるといわれていた酒井選手。

しかし、マルセイユでの大躍進により課題の守備にも安定感が出てきて、得意のクロスの精度は更に上がっています。

本職は右サイドバックなのですが、マルセイユではしばしば左サイドで使われることもあります。

しかし、プロとして本職ではないポジションの動きを体得し、マルセイユでは確固たる地位を築いています。

そんな酒井選手のサッカー人生はフォワードからスタートします。

その後はインサイドハーフ、サイドバックとポジションを落とし現在に至ります。

フォワードの選手に対する適格なクロスも自信が元々フォワードをやっていたからこその能力なんですね!

選手の飛び出してくるタイミングが感覚レベルでわかるのでしょう!

嫁は?画像?彩とは?

酒井宏樹選手の結婚ですが、彼はお嫁さんと、2014年8月10日に入籍しています。

お相手となるお嫁さんは一般女性の方で、これまでに名前や写真は公開されていません。

また、酒井宏樹選手とお嫁さんの2人の出会いについても、情報は見つかりませんでした。

一般女性となると中々画像は出回りませんからね・・・。

2014年というと酒井選手が24歳の時に結婚したんですね!

この件に関して酒井選手のコメントです!

このたび、ご縁がありまして、8月10日に結婚、入籍いたしました。

選手にとってはとても重要な開幕前の準備期間ですので、それに全力を注いでいたため、皆様へのご報告が遅れてしまいました。

彼女は、これまでずっと自分がサッカーに集中できるようにと、ドイツにも何度か足を運んでくれ、色々なサポートをしてくれています。

この結婚により環境が整ったことで、選手として更に上のステージを目指していきます。

スポンサードリンク

まだまだ未熟な2人ですが、力を合わせて一緒に頑張っていきたいと思っております。

これからも柏レイソルと日本のサポーターの皆様からの、変わらぬ応援をよろしくお願いします

しかし、サッカー選手の奥さんともなると料理も上手なんでしょうね!

しかも、ドイツにまで来てくれたってことは献身的な方だということがわかりますね!

また、「彩」という名前で検索されていますが、こちらも真実かどうかは定かではありません。

子供はいるの?

いますよ!

結婚した翌年には第一子が誕生しています!

2017年6月12日に放送されたテレビ朝日系「やべっちF.C.」では、フランスで活躍する酒井宏樹の独占密着が放送されました。

その中で、広いテラスやプールがある自宅を披露した酒井宏樹。

第1子である「詩多ちゃん」も出演しており、名前のテロップに「ちゃん」がついていたことや、赤いワンピース風の服を着ていたことから女の子と見られます。

読み方は「うたちゃん」であっていますかね?

ちゃんがついていることから女の子のようですね!

きっと可愛い女の子なんでしょうね!

マルセイユでの年俸は?マルセイユでの年俸は?

時系列順位ご紹介します

柏レイソル

2009年 300万円

2011年 450万円

2012年 1400万円

ハノーファー

2012年 1億1000万円

2014年 9000万円

2015年 1億2000万円

マルセイユ

推定1億2000万円

やはり海外のクラブは給料がいいですね!

2011年は酒井選手が柏で大活躍した年ですね!

やはり翌年の年俸は跳ね上がっています。

ハノーファーは給料が高めと言われているので納得の金額です!

また、マルセイユは酒井を招き入れたときは財政難にあえいでいました。

マルセイユが2016年の夏に行った補強は、かなり貧弱なものであった。

当時はクラブ買収が決まる前で、深刻な財政難に陥っていたからだ。

マルセイユは名門どころか、凋落したクラブの象徴のような状況にあった。

酒井の獲得は、ある意味で当時のマルセイユを象徴していたと言える。

ブンデスリーガ2部に降格したハノーファーからやってきた日本人サイドバックは、何より低コストで獲得が可能だった。

最も懸念されたポジションではあったものの、背に腹は代えられなかったわけだ。

それでも、1億2000万円も年俸が出るということはやはり海外のクラブに行きたくなる日本人選手の気持ちがわかりますね。

フランスリーグである「リーグアン」にて活躍する選手は非常に珍しいので、今後さらに酒井選手が活躍すれば、将来的にパリサンジェルマンなどのビッククラブで活躍する日本人が出てくるのも夢ではないかもせいれませんね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.