長友佑都と平愛梨の馴れ初めは?移籍先はガラタサライ、移籍金は?

Pocket

皆さんこんばんは!

なんだか寒いような温かいような目まぐるしく気候が変わってちょっと疲れてしまいますよね。

筆者はこういう時はお風呂にゆっくり入って早く寝るようにしています!

皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。

さて、本日はトルコのガラタサライへ移籍した長友佑都選手を紹介します!

長友選手プロフィール

生年月日: 1986年9月12日 (31歳)
生まれ: 西条市
身長: 168 cm
配偶者: 平愛梨 (2017年から)
年俸: 80万ユーロ (2012年)
兄弟姉妹: Minoru Nagatomo

スポンサードリンク

なんと丸7年を過ごしたインテルを退団し、トルコのガラタサライへ移籍した長友選手。

本人のツイッターでは

「今日でインテル丸7年。2011年1月31日にインテルからオファーがあり、電撃移籍したのを思い出す。感謝の想いで胸がいっぱいです。ありがとう」

本人も相当に悩んだ決断なのでないかと思います。

ですが、長友選手の新しい旅立ちを応援しましょう!

長友佑都と平愛梨の馴れ初めが何とも可愛い!

出会いのきっかけは長友選手の大ファンであるとい三瓶を含めた三人での食事会でした。

しばらく複数人で会っていたが、ある日たまたまほかのメンバーが予定が合わなかったため、2人っきりで食事することに。

人見知りのため心理テストの本やトランプを大量に持参した平に対し、長友選手はゲームに付き合うなど誠実に対応し、平は好印象を抱いたという。

そして、次のカラオケに移動するときの「俺についてきて」という長友選手の言葉を、平は「一生ついてきて」だと思い込み、愛の告白と勘違い。

その後、長友選手から翌日にイタリアに帰ることを聞き、思わず号泣してしまい「好きになっちゃったと思います」と告白した平。

長友選手が「次に付き合う人は結婚する人と決めているので、まずはお互いを知るところから始めましょう」と答え、交際がスタートした。

それ以来、毎日電話をし、1ヵ月後に長友選手から正式に交際の申し込みがあったという。

元々テレビなので非常に天然だということを言われていた平さんですが、まさかここまで天然だとは(w)

非常に微笑ましいですよね!

なんすかねー、

「好きになっちゃったと思います」

とかこんなかわいい子に言われてうれしくない男はいないですよね。

生年月日: 1984年12月12日 (33歳)
生まれ: 兵庫県 明石市
身長: 152 cm
配偶者: 長友 佑都 (2017年から)
兄弟姉妹: 平祐奈、 平慶翔

スポンサードリンク

平さんは今年で34歳なんですね!

長友選手が今年で32歳で平さんの方が2歳年上なんですね!

個人的には逆だと思ってました!

平さんがちょっと天然だからですかね(w)

平さん子供の出産を発表!

なんと 2017年9月2日に第一子の発表をしています!

何とも幸せそうなお二人。

婚約会見の時に

「子供は11人ほしい!」

と言っていた長友選手!

今後さらなる出産発表が待ち遠しい!?

移籍先はガラタサライ!移籍金は?

18年の6月30日までの期限付き移籍でトルコのガラタサライへの移籍となりました!

移籍金は150万ユーロ(約2億円)で新天地へ旅立ちます。

かつては稲本潤一さんも所属していたこのクラブ。

実はインテルで同僚だったスナイデル選手も過去に所属していました。

所属期間は2013-2017年。

このオランダ代表は長友選手とも非常に親しく、当時からよく長友選手にガラタサライへの移籍を勧めていたということです。

画像左がスナイデル選手。

現在はフランスのニースというクラブに所属しています。

中央で長短織り交ぜた素晴らしいパスを行い、かつシュートレンジも非常に広く、2010年ワールドカップでは日本に対して素晴らしいミドルをお見舞いしました。

今季リーグ戦では22試合終了時で11試合出場だが、11月5日トリノ戦を最後に先発はなく、出番を減らしていた。

1月に冬季休暇で一時帰国した際は「(日本代表に)選ばれるか、分からない。より一層、危機感を持ってやります」と話していた。

日本代表で不動の左サイドバックだが、ハリルホジッチ監督はクラブでの出場機会を重視するだけに、W杯ロシア大会のメンバー入りへ不安もあった。大会まで5カ月を切ったタイミングでの決断だった。

とあるように最近の長友選手は中々出番が得られず、おそらく自身最後にワールドカップに向けてコンスタントに出場することが必要だったことは確かだと思います。

そこで、今回の移籍につながったというわけです。

現地では下記のように評価されています。

「ナガトモは左右両方でプレーができ、守備においては非常に効果的な選手だ。ただ、彼には罪深き問題がある。それは攻撃だ。卓越したオーバーラップ能力は持っていない。だが、とても勤勉で一生懸命に働く。彼は問題を改善するだろう」

オーバーラップに関しては比較的しているほうだと筆者は思いますが、長友選手もキャリアの円熟期に差し掛かり、オーバーラップにも陰りが見えてきたといことでしょう。

ガラタサライにおいて、上記の改善が急務であることは間違いありません。

ガラタサライと日本代表において不動の地位を獲得する長友選手が見たいですよね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.