平山相太の現在は?ロン毛?嫁の画像も気になる!引退はなぜ?

Pocket

皆さんこんにちは!

今回は平山相太選手を紹介します!

平山選手基本情報

平山 相太は、福岡県出身のプロサッカー選手。Jリーグのベガルタ仙台に所属。ポジションはフォワード。北九州市立田原中学校卒業。長崎県立国見高等学校卒業、筑波大学中退。元日本代表

本日(2018年1月26日)13年間のプロ生活に終止符を打ち引退を決意した平山選手。

スポンサードリンク

本人のコメントはこちら

「度重なるけがのため、現役から退き、引退することを決断いたしました。まず、開幕前の大事な時期にクラブに迷惑を掛けてしまうことを申し訳なく思っています。また、決断を尊重してくれたことに感謝しています。1年という短い期間でしたが、監督、スタッフ、選手、ベガルタ仙台に関わる全てのみなさまから親切にしていただき、クラブの一員だと実感できました。そして、もっともっと強く成長していくクラブだと確信しており、ファン、サポーターのみなさまにはこれからも応援していただき、温かく見守ってほしいと思います」

期待されていた選手なだけにこういった形で引退してしまうのは何とも悲しいことですね。

やはりスポーツ選手には怪我が非常に厄介な問題として立ちはだかっていますし、悔しいですが本人の今後の活躍を期待するしかありませんね。

現在は?ロン毛なの?

現在は上述したように現役を引退されました。

平山選手のサッカー選手としての道のりは決して平たんではありませんでした。

小学校2年生でサッカーを始めた平山選手。

中学3年時には地元福岡の東福岡高校のセレクションにも参加したが、九州トレセンで国見高校監督を務める小嶺忠敏の指導に好印象を持ったこととなどから3学期から長崎県の国見中学校へ転校し、2001年に国見高校へと進学。

小嶺からは「(かつて国見のエースだった)船越優蔵よりも上」と評価されて1年時から主力に食い込むと、同年9月には自らの決勝点で高円宮杯を制し、2年時の第82回天皇杯では、1回戦の山形中央高校戦でハットトリックを記録。

中学時代からその高さを武器に非常に高い得点力で将来を期待されていました。

天皇杯でハットトリックなど実力が証明されています。

この時点で海外からのオファーもあったのですが、筑波大学へ進学します。

しかし、そこからの道は非常に険しく、途中でオーバートレーニング症候群(トレーニングの行いすぎによる疲労が低下しにくくなってしまった状態)やベンチ生活が続きます。

そして、ヘラクレス・アルメロへ入団します。

その時のことを本人はこう語っています。

「2度目のワールドユースに出場し、2003年のワールドユースの時の自分から何も変わっていない、成長していない。厳しい環境に身を置きたいと強く思った。

自身でも、うだつの上がらない状況にどうしようもない感情がわいてくることは自覚していました。

そんな中でも自分で厳しい環境に身をおこうと考えられるのはやはり向上心の表れ体と思います。

ただでさえ厳しい状況の中で更に厳しい修行を行うのはかなり厳しいのかなと思います。

そして、ヘラクレス・アルメロでピーター・ボス監督の元、平山選手は覚醒します。

2005年8月20日、オランダでのデビュー戦となった対デン・ハーグ戦は後半途中から投入。

出場から2分後、味方のフリーキックからヘディングで押し込みプロ初ゴールを挙げると、さらにコーナーキックの折り返しを再び頭で合わせ、デビュー戦2得点でチームを逆転勝利に導いた。

同年11月20日の対RBC戦ではリフティングからの技巧的なボレーシュートを決め、現地のサッカー番組の中でベストゴールにノミネートされた。

スポンサードリンク

2005-06シーズンは途中出場も多い中、チーム最多の8得点を挙げた。

しかし、その喜びも束の間ボス監督から新監督のルート・ブロート監督からは信頼が得られず、完全に構想外になってしまいます。

そして、ヘラクレス・アルメロを退団します。

日本に帰国後はFC東京に入団します。

そこで、当時のFC東京の原博実監督からは

「ボールの落下地点に早く入ることとか、正確に狙ったところへボールを落とすなどヘディングの技術を磨く必要がある」

と言われてしまいます。

その後は本人の努力で前線からの守備やポストプレーの意識を評価され、代表にも召集されるようになるもののやはり低調と復調を繰り返し中々プロとしての絶対的な位置がつかめずにいました。

さらに、度重なる怪我もあり、本人も相当苦しんでいたということです。

また、リハビリ中には同じフォワードのスペイン代表アドゥリス選手の動きの研究をしていたそうです。

アドゥリス選手といえば36歳の現在もスペイン代表として現役で活躍する選手。

そんな選手に影響を受けているのであれば、平山選手の引退は少々早いのかなと思ってしまいます。

そして、2017年にべガルダ仙台に移籍します。

しかし、2017年はまたしても怪我によりシーズンを棒に振ってしまい、そのまま2018年1月26日の本日引退を発表します。

ずっと周りの評判と現実との乖離に悩まされ続けた選手です。

私達が思うよりもずっと本人は苦しかったのではないかと思います。

ロン毛にイメチェン?

平山選手といえばトレードマークは坊主ですよね!

しかし、現在はロン毛(思ったよりも長い感じではないですが・・・)にしているのでその画像を紹介!

これです!

直近に所属していたベガルタ仙台での風景です!

ネットではあまりいい評判は書かれていませんが、個人的にはこちらの方が似合っているなと思います。

キャラが立たなくなってしまうので、そういう意味では坊主の方がいいのでしょうか。

嫁は?画像も気になる!

平山選手は2011年に結婚しているとのこと!

お相手は出版社勤務の一般女性!

平谷選手がFC東京に所属していた時に、誕生日会があってそこでであったようです!

サッカー選手はいろんなところで出会いの機会があって羨ましいです(笑)

また、残念ながら画像は一般女性ということで出てきませんでした。

でも、非常にスリムで美人さんとのことです!

きっと、平山選手がけがで出られないときも献身的にサポートしていたのだと思います!

引退の理由が知りたい!

やはり一番の理由は怪我が原因と思ってもいいでしょう!

(ベガルタ仙台在籍時)昨年2月25日のリーグ開幕戦でベンチ入りも出場なく、その後はメンバー外で、同年3月11日には左くるぶし付近の腱の脱臼で手術を受けて全治3カ月と発表され、そのまま公式戦出場なくシーズンを終えていた。

32歳という年齢、度重なる怪我、周囲の期待と現実のギャップと本人も限界だったのかなと思います。

しかし、上述したように今年36歳のアドゥリス選手に影響を受けているのであれば、もう少し最後に平山選手の復活劇が見られたら良かったのになと思う筆者でした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.