槙野智章はタトゥーは消した?手首にあった?筋肉が気になる!

Pocket

皆さんこんにちは!

来週から寒さが復活するそうですね。

筆者は寒冷地に住んでいて、毎年雪におびえながら生きているのですが、今年はこれで雪も終わりかななんて思ってた矢先ですから今から怯えています。

とそれはさておき本日2本目の槙野智章選手について紹介します!

槙野選手の基本情報についてはこちらで確認してくださいね!

タトゥーは消した?

では早速本題に入りましょう!

槙野選手の腕にはタトゥーがあります。

スポンサードリンク

腕には「Big Heart」と書かれているそうですよ!

意味としては器の大きいという意味で入れているとのこと。

現在もあるとのことなので、消したのではないのでしょう!

筆者の感想ですが、煽りの達人である槙野選手に器の大きさを求めるのはあまりに酷かと・・・(笑)

しかし、日本の入れ墨文化は江戸時代に最盛期を迎え、当時入れ墨を入れる人々は

痛みがある入れ墨を入れることで気合いや覚悟を心にも刻み込んだといいます。

そういう意味では槙野選手は日本におけるタトゥーのルーツに忠実ということですね!

参考に下記に槙野選手の数々のエピソードを記載します。

故郷広島で水害があった翌日アイスバケツチャレンジで「死ぬ、死ぬ~(笑)」と叫びながら水を被る衝撃のパフォーマンス

海外挑戦希望の槙野がクラブに直訴
→広島「オファーが無い」
→槙野「契約解除してくれ,欧州で成功するから
→広島が同意
→移籍金0でドイツへ→
ドイツのクラブで控えの試合にも呼ばれず
→槙野「日本には帰らない,Jは糞
→広島編成終了
→槙野「移籍金+年俸で引き取って」
→広島「ふざけんな」
→浦和「じゃあウチが引き取る」
→槙野「ドイツで獲た経験で浦和で頑張ります」
→広島サポ「ふざけんな」
→槙野「何故広島サポに嫌われるのかわからない」

柏木が浦和に移籍後、広島の控え室にきたら、
「おまえはもう関係ないから、はいるなよ」といってロッカーから追い出したのが槙野。

海外移籍後、帰国のたびに広島のテレビ局に出たりスター気取り。

前所属の広島の試合後、チーム関係者でもないのにグランドに勝手に降りてきて サンフレ劇場(勝利後のパフォーマンス)に飛び入り参加。
おまけに、自分が所属していた時代のユニではなく、昨季のユニにネーム入り特注の背番号5のユニを着てでる。 (現在背番号5をつけてる選手に対してなんの配慮もない。)

マイクパフォーマンスで

帰ってきて欲しいですかー?

と広島サポータに聞くのが槙野。

広島で何かあったんですかね(笑)?

海外だともっと壮絶にたたかれてそうですよね。

中々のエピソード群ですね(笑)

これだけやって普通に試合に出られているのは相当なメンタルだと思います。

健全な精神は健全な肉体に宿るといいますが、後述する槙野選手の肉体を考えるとこれだけのメンタルを持っているのは納得できるはず!?(w)

スポンサードリンク

手首のタトゥーは消したの?

そのタトゥーは手首にあったのではないかという話もあります。

確かに↑の画像のように手首をリストバンドで隠していることがわかります。

日本ではどうしてもタトゥーはあまりいい印象を与えないので、入れているとしても隠しているのでしょう。

手首に入っているかははっきりとわかりませんでしたが、以前小林選手の記事でも書きましたが海外に比べて日本はタトゥーをファッションとしてとらえる傾向はまだまだ無いようですね。

また、タトゥーは選手のパフォーマンスを落とすなんてことも言われています。

ドイツ紙『ツァイト』によると、ケルン体育大学のインゴ・フロベーゼ教授がタトゥーとサッカー選手との関係を研究。

タトゥーに使用されるインクの60~70パーセントは皮膚から血管にまで達して体内の血液循環に影響を与えることや、範囲の大きなタトゥーが皮膚の発汗機能や体温調節機能を阻害することを指摘したという。

一つのタトゥーを身体に入れると、しばらくはフィジカル面で3パーセントから5パーセントほどパフォーマンスが低下するとの研究報告を発表した。

槙野選手が上記のことを意識しているのかはさておき、これは衝撃的ですね!

海外の選手なんて全身にめちゃくちゃにタトゥー入れてるので、これが本当ならば物凄いパフォーマンスの低下につながるのでは?

槙野選手の筋肉がすごい?

服の上からでもはっきりと筋肉がわかりますよね!

ディフェンダーはどうしても勢いのついた相手フォワードをとめる役目やコーナーのセンタリングで相手に打ち勝つ必要があったりと体の屈強さが求められます。

「なんでそんなに筋肉が付いているの?」

という声に対して、182センチ・77キロの槙野は

DFだから屈強なフィジカルが強いFWを抑えるため。

浦和や代表チームで求められるトレーニングにプラスアルファのところで、自分に足りない動きだったり、自分に足りない筋肉の部分をトレーニングするようにしています」と回答した。

サッカー選手としては最近も日本代表でコンスタントに出ていて浦和レッズでも活躍しているので今後も日本サッカーを盛り上げるために頑張ってほしいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.