清武弘嗣の子供が亡くなったのは本当?その理由は?

Pocket

本日もサッカー選手紹介をやっていきましょう!

本日紹介するのは、清武弘嗣選手!

ミッドフィールダーとしてゲームを決定づけるようなパスセンスを持つ選手です!

最近は怪我に悩まされることも多く、代表から遠ざかってしまっています。

清武弘嗣基本情報

名前:清武弘嗣(きよたけ ひろし)

生年月日: 1989年11月12日(28歳)

出身地:大分県大分市

所属チーム:セレッソ大阪

守備位置:ミッドフィールダー、フォワード

スポンサードリンク

トップ下を主戦場として、ゲームメイクの才能が素晴らしいです!

視野がとても広く決定的なパスを供給するセンスがずば抜けています。

そんな、清武選手のキャリアは父が監督を務める大分市立明治北小学校から始まります。

その後は大分トリニータのトップチームに昇格し、

2010年にセレッソ大阪に移籍します。

海外ではニュルンベルク、ハノーファーで攻撃のタクトふる司令塔として大活躍。

その活躍が買われモンチディレクターによりスカウトされ、セビージャへと移籍します。

その後、後述の理由によりセレッソ大阪へと戻ってきます。

スポンサードリンク

子供が亡くなったのは本当?その理由は?

これ結論から言うと、亡くなってません!

ネット上で亡くなったのではないかという情報がたくさん出てますね!

しかし、この噂の引き金となった出来事があります。

それは、次男の病気です。

清武選手はセビージャからセレッソ大阪に移籍した理由として

次男の病気を日本で集中的に治療したいからということです。

セビージャの地元紙では子供が亡くなったという報道まで出ていますが、

これはガセですね。

元々お子さんは心臓があまり強いほうではないということで、

夫人も納得の上で、日本で安心して暮らすためだということだと思います。

ただいずれにしても、セビージャは非常に強力なクラブです。

安く買って高く売る手法が有名なモンチディレクターの目利きにより優秀な選手がたくさん入って来るような状況でもあったため、コンスタントに出れる方が成長の機会があるとふんだのではないでしょうか?

また、ワールドカップへの出場も視野に入れての行動ではないでしょうか。

最後に

清武選手の移籍に関しては謎が多く残されています。

表には出てこない情報もたくさんあるでしょう。

しかし、本当に大事なのは清武選手が気持ちを落ち着かせてコンスタントに試合にでることではないでしょうか。

復帰したセレッソ大阪ではかつの司令塔の姿が戻ってきています!

ワールドカップ本線で活躍する清武選手を見てみたいと思うのは私だけでないはず!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.